中高生のみなさんへ


saito

 中学生、高校生のみなさん、こんにちは!

ここを見ている方で、今までにパソコンを触ったことが無いという方はおそらくいないと思います。ちょっとパソコンは苦手、と思っている方もきっと、お父さんやお母さんよりは操作できると考えている人もいるかもしれません。
デジタルネイティブ世代という言葉があります。これは大人が勝手に言ってる言葉ですが、僕達のように子供の頃、パソコンやスマートフォンなど、全く触ったことがなかった世代からすると本当にそうだなと思いますし、うらやましく思います。

 さて、『U-16釧路プログラミングコンテスト』は、釧路では初めての開催となります。
今回は競技部門と作品部門という2つの部門を設定しています。
競技部門ではゲームの対戦プログラムとなりますが、プログラミングと言うよりは「ものづくり」という面に焦点を当てて企画しています。パソコンが好きだなとか、興味があるなという気持ちがあれば大丈夫です。事前の講習会に参加していっしょに勉強をすれば十分に優勝のチャンスはあります。
事前講習会の講師は、みなさんよりも少し先輩になる高校生や高専の学生の方にもお手伝いをお願いしました。
作品部門ではコンピュータを使用して作成したグラフィックやプログラム、音楽等のコンテンツを提出していただき審査します。

 さあ、第一回優勝者になるチャンスは一度しかありません!
若い君達の自由な発想で僕達をびっくりさせてください!そして、未来の釧路を担うエンジニアやクリエイターになってガンガン活躍してください!

会場で皆さんにお会いするの、すごくすごく楽しみにしています!

2013年7月

U-16釧路プログラミングコンテスト実行委員会
実行委員長 斉藤 和芳

2【僕が書きました】